BOTBIRD FOR BUSINESS

BOTBIRD FOR BUSINESS

最新情報

TOPICS

ChatGPT API連携機能をバージョンアップ GPT-4、Azure OpenAI Service対応

 

株式会社メタバーズ、チャットボット作成ツール「Botbird for Business」のChatGPT API連携機能をバージョンアップ

GPT-4、Azure OpenAI Serviceの利用、自社QAリストとの連動で、生成AIのセキュリティと正確性を大幅向上

株式会社メタバーズ、一般向けチャットボット作成ツール「Botbird」、および、企業向けチャットボット作成ツール「Botbird for Business」のChatGPT API連携機能をバージョンアップし、生成AIのセキュリティと正確性を大幅向上させました。

株式会社メタバーズ(本社:京都府京都市 以下メタバーズ)は、保有するチャットボット作成ツール「Botbird(ボットバード)」、および、企業向けチャットボット作成ツール「Botbird for Business(ボットバード・フォー・ビジネス)」のChatGPT API連携機能をバージョンアップし、生成AIのセキュリティと正確性を大幅向上させました。

 

■企業向けチャットボット作成ツール「Botbird for Business」 とは

 

メタバーズが2016年から開発運用している、企業向けチャットボット制作ツールSaaSです。月額3,000円+税からの低価格で、AI連動や選択肢型会話など様々なタイプの会話を、SlackやLINE WORKS、Microsoft Teams、Zoom等と連動させたりWebサイトに貼り付けたりしてご利用頂くことが可能です。

詳細URL:https://botbirdbiz.com/

 

■ChatGPT API連携機能とは

 

OpenAI社のChatGPT、Microsoft社のAzure OpenAI Serviceにて提供されている生成AI(「gpt-4」「gpt-3.5-turbo」モデル)のAPIを利用したAIチャットを利用できる機能です。ご利用の方は、OpenAIまたはAzure OpenAI ServiceのAPI KEYを取得後、ボットに性格や話し方、事前知識などを設定したうえで会話に簡単に活用することができます。

 

今回のバージョンアップにより、下記の機能を実現することが可能となりました。

・GPT-4エンジンの利用

・Azure OpenAI Serviceの利用

・自社QAリストとの連動により、ハルシネーションによる誤回答を回避

・各種パラメータ利用による回答精度やばらつきの調整

・シナリオ会話の内容や分岐により、上記設定を随時切り替えた回答生成

これにより、従来の単純なChatGPT利用チャットボットと異なり、セキュリティと正確性を大幅向上させた運用が可能となります。

 

【株式会社メタバーズについて】

2006年の創業以来、インターネット上の仮想世界(=メタバース)とバーチャル・ビーイングス(Virtual Beings)を対象としたサービスを提供しています。

URL:https://www.metabirds.com

(添付画像) ChatGPT連携機能の設定画面例

 

(添付画像) ChatGPT連携機能を利用したチャットボット会話例

⭐️ 音声AIアバター対応! ⭐️

CATEGORY

RECENT POSTS


さらに詳しくお知りになりたい方は
以下のフォームより資料請求可能です

弊社の情報セキュリティマネジメントシステムはGCERTIにてISO27001:2022の認定を受けています